新アーカムホラー

 昨日到着。絵がすばらしく綺麗です。というか、CCGのイラストそのままですね。

 ちょっとソロプレイしてみましたが、ルルブにごちゃごちゃ書いてあるわりに、ゲームの進行は意外に簡単です。
 「ターンはじめの処理」*1→「技能スライダの変更」*2→「Speedぶんだけ移動」→「エンカウントの処理」→「神話カードの処理」*3で1ターン終了。

 今回は、ゲームの最初に今回復活しようとしている神様を1体決めます。どの神様がまどろんでいるかによって、ルールが一部変更されます。例えばクトゥルフなら悪夢のため全員のスタミナ(HP)とサニティ(正気度)の最大値が1ずつ減ったままになり、モンスター「Cultist」がインスマス面になるので戦闘になるとサニティが減る(普通は人間なのでサニティは減らない)とか。
 神様が決まる関係上、アーカムの恐怖レベルが振り切れたり、*4ゲートの現在数が限界を越えたり、あるいは神様のお目覚めメーター*5が埋まりきったりすると、神様との最終決戦が始まります*6。当然超強いですけど、ここで勝てばプレイヤーの逆転勝利。

 この他にも、場所ごとにそれっぽいイベントが発生するので、クトゥルフ好きならこたえられないかと(ミス大の科学部に行ったら、教授から妙な彫像渡されて、魂が別の探索者と入れ替わったりとか)。

 ただ、アメゲーらしくコンポーネント全体を広げるのにかなりの空間を要するので、こたつ卓の上でプレイは無理っぽいです……床に広げないと。

  • アザトース宇宙帝王なので、最終戦闘なし。
  • イグ:Cultistが倒されたり探索者が時空に彼方に飛ばされるごとにDoom Trackが1つ埋まる。
  • イタカアーカムに突然の冬! 寒いので街路にいるとスタミナが減る。
  • クトゥルフ:御大の送る悪夢のせいで、スタミナとサニティの最大値が減る。
  • シュブ・ニグラス:豊穣の加護により、モンスターのタフネス(=HP)がもれなく上昇。
  • ニャルラトテップ:「仮面」と呼ばれる特殊モンスターが複数登場。黒いひとなど。
  • ハスター:黄衣の王パワーにより、ゲートを閉じるために必要な手がかりマーカーが増える。
  • ヨグ・ソトース:時空障壁がもろくなり、ゲートを閉じる難易度が高くなる。

*1:維持費を払ったりなど。

*2:どの技能を重視するかを決めます

*3:ゲート、モンスター、手がかりマーカーが出現し、モンスターが移動し、最後にイベントを1つ解決。

*4:振り切れたらモンスターがアーカムを野放図に徘徊するようになるだけでした。

*5:Doom Track

*6:アザトース御大だけは最終決戦なしで即プレイヤー敗北ですが。